ジバンシィは、クリエイティブ・ディレクターのマシュー・M・ウィリアムズが生み出した、ブランドの新エッセンシャルハンドバッグ「4G」を発売します。

  その構築的なラインと際立った存在感で、「4G」は2021年プレフォールコレクションで初登場するとすぐに注目を集めました。
既にブランドの象徴となっている4Gエンブレムを新たな解釈で取り入れたこのバッグは、ユベール・ド・ジバンシィが愛した完璧な均整美を維持すると同時に、マシュー・M・ウィリアムズがジバンシィにもたらした都会的な空気と、クリーンで凛とした美意識を反映しています。
これはモダンでタイムレスな、いつ、どんなスタイルにもマッチする理想的なバッグです。




まず一目でわかるのは、レザークラフトにおける真のサヴォアフェールです。
クラシックな長方形のハンドバッグをスリークかつグラフィカルにアップデートするため、マシュー・M・ウィリアムズはジバンシィの熟練の職人とともに、最上級のフルグレイン・ボックスカーフスキンを選択しました。
また、自身のハードウェアへのこだわりを反映させるため、メタルクロージャーは高度な技術を駆使し、緻密な加工により貴金属のような輝きを持たせるなど、極めて精巧な仕上がりになっています。マグネットが開閉する時の心地よい音にすらも愛着を感じます。
また、ウィリアムズがジバンシィでのデビューを果たした2021年春夏コレクションで発表した、実用性とラグジュアリーを兼ね備えた4Gパドロックにもリンクするデザインとなっています。