First collection Givenchy "Bettina Blouse"
© Nat Farbman, Getty Image
First collection Givenchy by Hubert de Givenchy
© Givenchy Archives
First collection Givenchy by Hubert de Givenchy
© Givenchy Archives
First collection Givenchy by Hubert de Givenchy
© Givenchy Archives
First collection Givenchy by Hubert de Givenchy
© Givenchy Archives
First collection Givenchy by Hubert de Givenchy
© Givenchy Archives
First collection Givenchy by Hubert de Givenchy
© Givenchy Archives

ユベール・ド・ジバンシィが自身初のコレクションを発表したのは、1952年2月2日のこと。その日、ユベールは後に友人となる当時のトップモデルたちに囲まれていました。その中の一人、ベッティーナ・グラツィアーニは後にメゾンの広報責任者も務めています。 ベッティーナはこのショーのオープニングを飾り、この時に彼女が身に着けていたブラウスは「ベッティーナ・ブラウス」と呼ばれ、人気を集めました。コレクションの他の作品同様に初々しさと鮮やかさを備えたホワイトリネン製のブラウスは、フラウンス付きスリーブとピエール・ブリヴェによるアイレットの刺繍が特徴で、ユーレル社のギャバジンを使ったスカートとのコーディネートが注目を集めました。