現在Givenchy アジアの他の地域 を閲覧しています
米国 に変更する
米国 に変更する

マシュー・M・ウィリアムズによる2023年ウィメンズ サマー

タップして動画/ルックブックを切り替え

ルックを見る ショーを再生



コレクションを作るにあたって、それぞれのシルエットが、都市環境における伝統的なフランスとアメリカの着こなしの交流を体現するものにしたいと思いました。私たちが”パリのシック“や”カリフォルニアのクール”を連想する要素を研究し、そのコントラストがデジタルボーダレスの世界でどのように融合してきたかを表現しています。​ 


​マシュー・M・ウィリアムズ / ジバンシィ クリエイティブ・ディレクター​


ジバンシィ 2023年春夏コレクションでは、アーティスティック・ディレクターのマシュー・M・ウィリアムズが、ユベール・ド・ジバンシィの影響により共鳴したフランスとアメリカのコスモポリタンなドレスコードの「異文化交流」をテーマにしています。

SS23_W_18

ショーの舞台となるのは、17世紀以来、植物学者たちが世界中の発見を"交配"してきた植物園、"Jardin des Plantes(ジャルダン・デ・プラント)"。ここでは、隠喩的な移植が展開されます。

アメリカ映画界に多大な貢献をしたユベール・ド・ジバンシィの時代を超えたまなざしによって、クラシックなパリのシックさとカジュアルなロサンゼルスのクールさとが融合しています。

SS23_W_8
SS23_W_145

この集団的なドレスコードの研究は、メゾン自身のDNAを適応させ、明確にすることから始まります。

中央にギャザーを寄せたドレス、スカート、ブラウスは、歴史あるメゾンの技法を取り入れています。一方、ジバンシィの象徴とも言えるブラックドレスは、ネックラインからのドレープが作る非対称のストールパネルで構成されています。ツイードやブークレ素材のボックスジャケットは、ジバンシィの4Gロゴをあしらったアーカイブのスカートスーツをイメージしています。

テーラリングはショルダーとウエストに強弱をつけ、フロントジッパーで構成されたコートはケープに変化し、クラシックなブレザーはコルセットが施されています。 ​

SS23_W_3
SS23_W_6

エイジング加工されたレザーのパーフェクターは亜鉛メッキの金具で飾られ、コルセットジャケットはトロンプ・ルイユ(騙し絵)のようなレザーの胸当てが施され、ブラジャーとハーネスを融合させた”ブラネス”はトップスとして着用することができます。シンプルなデニムパンツにはリップ&リペア加工が施され、全面にクリスタルのフリンジがちりばめられています。

SS23_W_13
SS23_W_14

Voyou 新たなシグネチャーであるデイリーバッグ『Voyou』は、レディスハンドバッグとカジュアルなバイカーアティチュードを融合させた、パリジェンヌらしいエスプリの効いたバッグです。

SS23_W_9

ジュエリー
光沢のあるクリア樹脂のジュエリーが登場し、パールはパヴェビーズと一緒に折りたたみ式のネックレスやブレスレット、リングにあしらわれ、メゾンの新しいシグネチャーを表現しています。サングラスは、エレガントさとスポーティさを融合させ、顔を包み込むようなデザインが特徴です。ジップ付きのオペラグローブは、コレクションの素材と都市文化の対話に呼応して、随所に登場します。

現代のジバンシィの女性像である、多面性、スピード感、グローバルな視野を持つ女性像に基づいたコレクションとなっています。​

SS23_W_11
SS23_W_1
GIV_233DF_RTW_AMBIANCE_59 (1)