© Roland de Vassal
© Givenchy Archives
© Givenchy Archives
© Givenchy Archives
© Givenchy Archives
© Givenchy Archives

ユベール・ド・ジバンシィは自らのデビュー作となる1952年春夏コレクションにおいて、シンプルなデザインに建築学的なラインを組み合わせた軽やかなブラウスとスカートかならなる“セパレーツ”を発表し、当時の抑圧された風潮に真向から対立しました。これこそ、ジバンシィ・スタイルの出発点です。その後、ユベールのスタイルはエレガンスと輝き、純粋なライン、洗練性を巧みに融合しながら、進化し続けました。伝統とモダニティ、ノウハウと革新の絶妙なバランス。

ライムレスなラインに大胆なプリント:貴族的なエレガンスを体現する豊かなファブリック。 シーズン毎に高まる称賛の声。芸術家や友人、ミューズ、お客様のすべてに支えられ、ジバンシィは独自のスタイルを確立しました。